おりもの異常

婦人科

  • いつもと違うおりもの

どんな時に受診したらいいですか?

おりものが「いつもと違う」と感じたらご相談ください。

色に関しては一般的に透明に近い白色をしており、下着に付着すると薄い黄色になります。

匂いに関しては、おりものの中にあるデーデルライン桿菌と呼ばれる細菌により少し甘酸っぱい匂いがあり、卵白のような状態が一般的に正常なおりものです。

正常なおりものの状態は個人差があるため、色やにおい、粘り、量など「いつもと違う」と感じたらお気軽にご相談ください。病気によるおりものの特徴的な変化は、こちらをご覧ください。

正常なおりものって?

個人差があるため、
普段の正常な状態を把握しておくこと大切です。

  • 半透明〜白く濁ったおりもの(下着についた時は黄色っぽく見えることもあります)

  • 卵の白身のようにとろっとした少し粘り気のあるおりもの(特に排卵日前に多い)

  • 無臭ではなく少し甘酸っぱい香りがする

  • 生理と生理の間ぐらいに出るやや茶褐色のおりもの

​このようなおりものは、ごく正常な状態のものです。

おりものは、生理周期によって形状や量が変化するため、普段の正常な状態を把握しておくことで、おりものの異常に気が付きやすくなります。

どんな病気の可能性がありますか?

感染症炎症腫瘍などが考えられます。

カンジダ膣炎、頸管炎

●おりものの変化

  • 量が多く、白い

  • チーズや豆腐のような形状

  • ポロポロとした状態

●その他の症状

  • 外陰部のかゆみ

  • 灼熱感、刺激感

  • 性交時の疼痛

細菌性膣症

●おりものの変化

  • 量が多く、魚のような匂い

  • 均一な灰白色

●その他の症状

  • 強い外陰部のかゆみ

  • 刺激感

トリコモナス膣炎、細菌性膣炎

●おりものの変化

  • 量が多く、魚のような匂い

  • 均一な灰白色

●その他の症状

  • 強い外陰部のかゆみ

  • 刺激感

淋菌感染症

●おりものの変化

  • 量が多く、黄緑色に見える

  • 腐ったような悪臭

●その他の症状

  • 下腹部痛

  • 発熱

クラミジア感染症

●おりものの変化

  • 量が多くなることがある

  • 水っぽいものが増える

●その他の症状

  • 下腹部痛、発熱

  • 無症状の場合もある

子宮頸がん、萎縮性膣炎、子宮頸管ポリープ

●おりものの変化

  • 量はふつう

  • 赤褐色、茶褐色、ピンク色

●その他の症状

  • 不正出血

  • 性交時出血

子宮体がん

●おりものの変化

  • 赤褐色・茶褐色

●その他の症状

  • 不正出血

おりもの異常は、性感染症でしょうか?

おりものの異常は、性感染症に関連していることも多いです。
性感染症検査を行い、早期に適切な治療を行うことが大切です。

おりものに異常が起こるのは、様々な原因が考えられます。
定期的に性交渉のある方は、性感染症検査がおすすめです。

費用の目安を教えてください。

初診料           

約900円

カンジダ・雑菌

約660円

トリコモナス(培養検査)

約1,000円

クラミジア・淋菌検査

約1,400円

子宮頚がん検査

約1,200円

子宮体がん検査

約2,000円

トリコモナス(培養検査)とクラミジア(淋菌)の同時保険診療はできません。

保険で3割負担の場合