HPVワクチン

検査・ワクチン

  • 子宮頸がんの予防

  • 9歳以上の女性が対象

  • 計3回の接種

子宮頸がんとは?HPVワクチンとは?

子宮頸がんは、子宮の入口付近である子宮頸部にできるがんです。
原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で、HPVワクチンの接種によって予防が可能ながんです。

子宮頚がんとは?

子宮頸がんは近年国内での患者数・死亡数がともに増加している病気です。特に20~40代の罹患が増加しています。子宮頸がんの95%以上は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因です。

子宮頸部に感染するHPVの感染経路は、性的接触と考えられます。HPVはごくありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性のうち半数以上が、生涯に1度は感染すると考えられる一般的なウイルスです。そのうち一部の女性が子宮頸がんを発症することになります。HPVに感染してから子宮頸がんに進行するまでの期間は、数年~数十年と考えられます。これらの異形成は、一般的に症状が出現しないため、子宮頸がん検診で見つけられます。しかし、がん検診を受診しないと、気づかないまま、子宮頸がんに進行することがあります。子宮頸がんは、ワクチンでHPVに感染しないように予防すること、がん検診でがんを早期発見・早期治療し、子宮頸がんによる死亡を予防することができます。

HPVワクチンとは?

日本でのHPVワクチンは、これまでは2価、4価ワクチン(ガーダシル)が接種されてきましたが、2021年2月24日に9価ワクチン(シルガード9) が販売開始となりました。
9価HPVワクチンは2014年12月にアメリカで承認され、2020年7月現在、世界80以上の国又は地域で承認され、公費助成によるプログラムが実施されています。 日本では、現在、定期接種はガーダシルのみとなっており、シルガード9は任意接種(自費)となります。

2価、4価のHPVワクチンでは65%程度の子宮頚がんしか予防できません。9価のHPVワクチンでは90%以上の子宮頚がんを予防できます。当院では国産9価ワクチン(シルガード9)のみ取り扱っております。

HPVワクチンに含まれるウイルスの型.png
HPVワクチン接種の費用は?

国産9価ワクチン(シルガード9)

30,000円(税別)

HPVワクチン接種の流れ
1. ご来院前に「ワクチンQダイアリー」ご登録

来院前に、ワクチンQダイアリーの事前ご登録をお願いいたします。​​

  • ワクチンQダイアリーのサイトはこちら
  • ワクチンQダイアリーの登録方法・操作手順はこちら
HPVワクチンの接種条件

●ワクチンQダイアリーへの登録が必須

どこのクリニックで接種しても、登録が必要となります。

シルガードを接種するには、医療機関での登録と、ご自身で「ワクチンQダイアリー」というシステムに登録していただく必要があります。

院内での滞在時間短縮のため、事前登録をお願いします。全例登録が義務になっていますので、この登録をしないと接種をすることはできません。

●シルガードは3回接種が必要です。

他の製品、たとえばGardasil(輸入ワクチン)などをすでに1回接種された方が、2回目からシルガード®へ変更することはできません。

2. ご予約

インターネット予約にて「HPVワクチン」のご予約をお願いします。

24時間インターネット予約 ›
3. HPVワクチン接種
  • 3回接種です。
  • 2回目は初回接種から2か月後、3回目は初回接種から6か月後です。
  • 筋肉注射です。

何らかの理由で上記スケジュールでうてない方は、2回目を1回目から最低1か月以上、3回目は2回目から最低3カ月以上あけて接種をするようにしてください。

HPVワクチンの副反応は?

注射部位が赤くなったり腫れたりすることがあります。

他のワクチンと比べて特に起こりやすい副反応などはありません。

HPVワクチン接種後には、接種部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。

非常にまれですが、重い症状(重いアレルギー症状、神経系の症状) が起こることがあります。

 

重いアレルギー症状:呼吸困難やじんましん等(アナフィラキシー)、神経系の症状:手足の力が入りにくい(ギラン・ バレー症候群)、頭痛・嘔吐・意識低下(急性散在性脳脊髄炎(ADEM))等

他のワクチンとの関連は?

国産9価ワクチン(シルガード9)は不活化ワクチンという種類です。

一般的に生ワクチンといわれるワクチン(はしか、風疹、水痘、おたふくなど)を打ったあとは、どんなワクチンでも4週間あける必要があります。

生ワクチン以外のワクチンとは、間隔をあける必要はありません。例えば前日にインフルエンザワクチン(不活化ワクチン)を打っていても、問題はありません。

新型コロナウイルスワクチンは、「どんな種類のワクチンも、接種前後は2週間間隔をあけましょう」と推奨されています。

今後変更になる可能性はありますが、コロナワクチンを接種する2週間前後は、シルガード9の接種は避けるよう計画を立てましょう。